犬に与えてはいけない危険な食べ物まとめ

人間の食べ物を食べる犬

ペットと暮らしていると、ついついご褒美として人間の食べ物を与えたくなりますよね。
あるいは、テーブルや床に落ちた食べ物をペットが食べてしまうこともあるかと思います。

しかし、人が普段食べている食材の中には犬にとって害のあるものも少なくありません。

大事な愛犬に食べさせてはいけない食材をあげて苦しい思いはさせたくないですよね?
愛犬の健康を守るためにも、飼い主さんが犬に与えてはいけない食べ物を知っておくことは大切なことです。

与えてはいけない食べ物

ネギ類(玉ねぎ、長ネギ、ニラなど)

玉ねぎ

ネギ類には、犬の血液中にある赤血球を壊すアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。赤血球が壊れると血色素尿をだす溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)を起こす場合があります。
また、アリルプロピルジスルファイドは水に溶けやすく、加熱しても分解されないので、ハンバーグや肉じゃが、スープなどの加工食品も与えてはいけません。
玉ねぎなどのエキスがしみ出た味噌汁やすき焼きの煮汁などにも注意が必要です。

 

チョコレート

カカオ

チョコレートの原料であるカカオには、中毒を起こす物質、テオブロミンが含まれています。
犬では、このテオブロミンが中枢神経を刺激して痙攣興奮不整脈を起こさせるので注意が必要です。
犬の中毒量は体重1kgあたり60mg~200mgといわれています。
ブラックチョコレートでは10gあたりテオブロミンが40mg含まれています。

実際に、250~300gのチョコレートを食べた犬が死んでしまった事例が報告されています。
カカオ含有量の高いビターチョコ、ブラックチョコほど危険なので覚えておいてください。

 

キシリトール

キシリトール

キシリトールは人では虫歯の原因にならずカロリーも低く、インスリンも分泌させないということでいいことずくめです。
しかし、犬ではブドウ糖の6倍の強さでインスリンを分泌させます。
インスリンが出すぎると低血糖低血糖性の痙攣を起こし、肝障害の恐れもあります。

実際に、ラブラドール・レトリバーがキシリトール入りのガムを1ビン食べて痙攣を起こしたという事例があります。

 

鳥の骨

チキン

鳥の骨は、割れると縦の方向に裂ける性質があります。
割れた鳥の骨を飲み込むと、のどや食道などの消化器を傷つける原因となるので注意が必要です。

 

ブドウ・レーズン

レーズン

原因物質は特定されていませんが、犬や猫にブドウやレーズンを与えると腎不全を起こす危険があると報告されています。

ポリフェノールについて
ブドウから抽出した、抗酸化成分であるポリフェノールに関しては安全性が確認されています。

 

与える際に注意が必要な食べ物

肉

人の感覚でいう「肉」と、犬にとっての「肉」は違います。
人が「肉」という場合は筋肉を指しますが、犬にとっての「肉」は内臓を含めた獲物丸ごとを指します。
内臓は犬にとって栄養の宝庫です。
人がいう「肉」だけでは栄養バランスが非常に悪くなってしまいます。

筋肉の部分は特にカルシウムが少なく、リンという物質が多いため、筋肉ばかり食べていると結果的にカルシウム不足を招く恐れがあります。
これを「全肉症候群」と表現することもあります。

 

乳製品(牛乳やヨーグルトなど)

ミルク

牛乳には乳糖という糖質が含まれていますが、乳糖はそのままでは吸収できないので、乳糖を分解する消化酵素で消化してから吸収する必要があります。
ところが、この乳糖分解酵素の量が少なく、働きが悪い動物では乳糖をうまく消化・吸収できずに下痢を起こしてしまうことがあります。
それを「乳糖不耐症」といい、犬のおよそ20~30%が該当するといわれています。

 

ホウレンソウ

ホウレンソウ

シュウ酸が多く含まれているので、シュウ酸カルシウム結石症の原因になることがあります。

 

魚介類(イカやタコなど)と甲殻類(カニやエビなど)

カニ

生の魚、イカやタコ、スルメなどは消化しにくいので下痢嘔吐の原因になります。
また、イカや貝、カニやエビに含まれるチアミナーゼ(アノイリナーゼ)という酵素はビタミンB1(チアミン)を分解するため、ビタミンB1欠乏症を起こす恐れがあります。
チアミナーゼは加熱すると破壊されるので、加熱した場合は問題ありません。

 

生の豆やナッツ類

ナッツ

生の豆やナッツ類は消化しにくいため、下痢嘔吐の原因になることがあります。

 

生卵

生卵

白身に含まれるアビジンという酵素が、皮膚炎成長不良を引き起こすことがあります。
加熱調理すれば問題ありません。

 

砂糖

砂糖

糖質を利用するために、ビタミンB1(チアミン)やカルシウムが必要以上に使われ、欠乏症の症状が出ることがあります。

 

煮干や海苔

煮干

マグネシウム過剰になり、尿路疾患を引き起こすことがあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です