アメリカ産ドッグフードを選ぶなら知っておきたい!アメリカのペット事情

アメリカ国旗

アメリカは動物愛護の精神が高く、ペットを守る法律やペットフードの安全基準がきちんと設定されていることで有名です。

そのため、愛犬にアメリカ産ドッグフードを与えようと考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか?
しかし、実際にアメリカがペットフードの製造・販売に関してどのように規制しているのか知らない方も多いと思います。

そこで今回は、アメリカのペットフード規制とペット事情についてご紹介したいと思います。

アメリカのペットフード規制

アメリカのペットフード規制

アメリカにはペットフードの製造・販売を規制するため、主に4つの規制機関が協力して管理しています。

FDA(食品医薬品局)

アメリカで最もよく知られているペットフードの規制当局です。
各州農務省と協力して、完成したペットフード(おやつや噛み物を含む)とその成分を規制しています。

FDAに受け入れられ、AAFCO(アフコ)が採択するまで、ペットフードに原料を使うことができません。

FDAが施行を担当している法律には、FDCA(連邦食品・医薬品・化粧品法)とFSMA(米国食品安全強化法)などがあります。

FDAの役割

FDAは次のような責任を持っています。

  • 不定期に立入検査の実施
  • 消費者または獣医師の苦情に基づいたペットフードの調査
  • AAFCOと協力して州法の開発、成分の定義、栄養基準の確立
  • AAFCOに定義されていない添加物もしくは加工助剤の承認/拒否

 

州農務省

州農務省はペットフードの2つ目の規制機関で、FDAとほぼ同じ責任を持っています。
ほとんどの州は、それぞれの州で定めた法律(国家の法律と協力している)の下でペットフードを規制しています。

各州はAAFCOのモデル法案と規制を採用することで飼料法を最新に保っています。

州農務省の役割

州農務省は次のような責任を持っています。

  • ペットフード製造業者に、州の境界内で販売される各商品を毎年登録するするよう義務付ける(多くの場合、登録ごとに料金を請求します)
  • 一部の州では、毎年の商品登録期間中にペットフードのラベル付け法を遵守させるために、ラベルを検査
  • 一部の州では、リスクの高い細菌や分析の要請に応じて、ランダムにテスト
  • 一部の州では、FDAと協力して消費者の苦情を独自に調査
  • 一部の州では、AAFCOと協力して州法の開発、成分の定義、栄養基準の確立

 

AAFCO(米国飼料検査官協会)

ペットフードの栄養基準やラベル表示に関する基準を制定しているアメリカの団体です。
日本では「アフコ」と呼ばれています。

州農務省とFDAのメンバーで構成されていて、各州が採用するためのペットフードのモデル案をつくっています。

ただし注意しておきたいのは、AAFCOには法律を強制させる規制当局があるわけではないということです。つまり、AAFCOはペットフードの認定や承認を行う検査機関ではありません。

AAFCOの栄養基準を満たしていることを表現する場合、「AAFCO認定」「AAFCO承認」「AAFCO合格」というような表記は禁じられていて、「AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア」が正しい表示例になります。

 

USDA(米国農務省)

こちらは各州の農務省ではなく、アメリカ連邦政府の農務省です。
技術的には、USDAが肉類や卵などの安全性に責任があり、FDAはその他全ての食品を規制しています。

AAFCOと同じく、ペットフードに関する規制当局はありません。
ただし、USDAにはオーガニック認証という自主的なペットフード認証プラグラムがあります。

USDAオーガニック認証マーク
オーガニックとは、可能な限り最も純粋で自然な食品を生産するために、人工農薬、肥料、化学物質を使わない、環境に優しい農業方法のことです。

認証プラグラムに合格するには品目に成分リストが必要で、内容は農薬、化学肥料などの合成添加物を含まない95%以上の有機認定品でなければなりません。また、染料および工業用溶剤を使用して処理してはいけません。

認証プログラムに合格したペットフードには「USDA Organic」または「Certified Organic」のシールが表示されています。

 

【補足】PFI(ペットフード工業会)

先ほど挙げた4つの規制機関とは別に、PFIと呼ばれる独立組織もあります。
アメリカのペットフードの98%をカバーするメンバーで構成されていて、独自の規制環境を設けています。

PFIの役割

PFIの公式サイトには、次のことに専念していると書かれています。

  • 安全で高品質なペットフードの国内製造と世界的流通をサポートし、消費者の選択を可能にする法律・規制・技術を支持
  • 製造および取り扱い慣行におけるペットフードの安全性の革新を促進
  • メーカー、サプライヤー、ペット愛好家、その他の関係者に影響を与える問題に関する情報を提供
  • 世間に飼い主の利益を広く伝える

参照①:Who Regulates Pet Food in the US?

参照②:Regulation - Pet Food Institute

 

アメリカのペット事情

アメリカの犬

ペット先進国として知られるアメリカ。
そんなアメリカは、世界で初めて加工ドッグフードが販売された国でもあります。

犬は人間と同じくらい大切な存在と考えられていて、ある程度アメリカの法律の下で権利を持っています。
たとえば、犬に関する法律に「第二級動物虐待罪」というものがあり、動物をむやみに傷つけた場合、傷つけた人にはかなり重い罪が課せられることになります。

また、ペットショップで保護犬、保護猫、保護ウサギ以外の生体販売を禁止する法律を定める州もあります。
そのため、ほとんどの人はペットショップで犬をかいません。

犬を飼うときは、

  • ブリーダー(動植物を繁殖する人)からかう
  • シェルター(動物保護施設)や救助グループから引き取って里親になる
  • 知り合いから引き取る

などの方法が一般的です。

参照:How to Buy a Dog

 

アメリカのドッグフードブランド

ニュートロ シュプレモ

 

ニュートロ ナチュラルチョイス

 

ヒルズ サイエンスダイエット

 

ユーカヌバ

ユーカヌバ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です